読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

目白の有名パティスリー・エーグルドゥースのケーキに感動する

皆さんは甘いものはお好きでしょうか?
筆者は甘いものが好きで、割とジャンキーな甘いものから高級なお菓子、甘いお酒までなんでも嗜ます。


最近では自分の中でお菓子屋さんめぐりがブームになっていて、出かける際はいろいろなパティスリーに顔を出したりしています。
でも色々なお店に行くと新しいお店に行くこと自体が主目的になってしまって、なかなか同じお店に二度目に行くということ無かったりするんですよね。
何度も通っていろいろな物を試して初めてお店の真価は分かると思うのですが、数あるお店から一度目でビビッと来ないお店にもう一度行くというのはなかなか難しいもので・・・。


今回はそんな中でも遠くてもわざわざ出かけて何度もリピートしてしまうパティスリー・エーグルドゥースのご紹介とこの前言った時に食べたケーキもついでにレポートしていきます。

エーグルドゥース

エーグルドゥース目白駅から目白通りを東に10分ほど歩いた場所にあるパティスリーです。
都内のケーキランキングでも常にトップに君臨し続ける名実ともにトップレベルのお菓子屋さん。

オーナーパティシエ寺井則彦さんは国内で「ルノートル」(池袋)、「ラ・ミ・デュパン」(横浜)などで務めた後に渡仏、帰国後は「マダム・ミクニ」でシェフパティシエを務めた後に2004年にエーグルドゥースを立ち上げました。



フランスの街中にありそうないかにもな外観の店内は煌びやかな印象でいつ行ってもお客さんで溢れています。
ショーケースの生菓子はスタッフさんに、焼き菓子類は店内に点在しているものを籠に入れて自由にとるシステムです。

だいたい混雑しているためオーダーの際は少し待ち時間もありますが、名前も一緒に聞かれるため名前が呼ばれるまでは店内を自由に見て回って待つことが出来ます。この辺りは繁盛店ならではのテキパキした対応かと。

エーグルドゥースのケーキを実食

今回は二種類のケーキと知人へのお土産に焼き菓子を何点か購入しました。
エーグルドゥースではケーキの鮮度に気を遣っているため、ものによっては長い持ち帰りはNGを出されるとも・・・。
店内にイートインスペースもありますが、大きなテーブルで他人と対面式のスペースになりますので好みは分かれそうですね。


今回は桜の時期ということもあり、近場にあった良さげな公園で食べることにしました。

f:id:bollet:20170415180258j:plain



今回購入したケーキはエーグルドゥースの看板ケーキのひとつでもあるカスレットと新作オススメで売り出されていたサブール。

f:id:bollet:20170415180505j:plain


エーグルドゥースのケーキはお店の華やかさに対してそこまで飾りっけのある感じではありません。
それでも特徴的なシルエットや斬新なアイディアで他にはない味わいを表現しているというイメージ。
これだけ輝かしい栄冠を持ちつつも、実直に美味しさを追求しているんだろうなぁというのが伝わってくるので好きなんですよね。


f:id:bollet:20170415180748j:plain

まずはサブールから。チョレートムースとイチジク。
ほのかに香る洋酒といちじくのコンポートが大人の味わい。そにあわせるのはやわらかい味わいのチョコレートムース。

この手のケーキはいちじくが割と大人っぽい味わいだからなのか、それにあわせてビターなチョレートの層をあわせるパターンが多いと思うんですが、これはチョコレート層がムース仕立てでふんわりした食感とやわらかい甘みにいちじくの食感があわさって今までにない感じです。

f:id:bollet:20170415181120j:plain

続いてはカスレット
カスレットはエーグルドゥースのスペシャリテ的なケーキ。
シュー生地を土台にしてカスタードクリームを包み、表面をキャラメリゼしたシュークリームとクリームブリュレが融合したようなお菓子。


エーグルドゥースはカスタードクリームに定評があるパティスリーでもあり、カスレットはその中でもオリジナリティ溢れる代表作。ルフォイユやシュークリームはすでに食べていましたが、カスレットは実ははじめて。


やわらかいカスタードクリームの中にバナナのキャラメリゼが顔をだしアクセントを加える。まさしく正統派のお菓子といった味わい。オリジナリティに溢れていても味わいは直球勝負で非常に好感が持てます。

エーグルドゥースの載っている書籍


今回ご紹介したカスレットと同じく定番のシュークリームは2016年6月号のdancyuにてレシピが公開されています。

これによるとカスタードクリームもシュークリームなら濃いめ、カスレットなら軽めと味わいを変えているそう。
ひとつひとつのお菓子に対して"こういう表現がしたい"というのが伝わってきますね。
寺井シェフのこだわりが垣間見える記事になっていますのでぜひご覧ください。

エーグルドゥース 味の美学

エーグルドゥース 味の美学

ちなみに寺井シェフはレシピ本も出版しておられます。
以前立ち読みしましたがかなり濃い内容に一時間くらい読み込んでしまいました。
かなり専門的な手法も公開されており、お菓子作りに興味のある方やパティシエの方にも参考になる書籍なのではないでしょうか?


生菓子も焼き菓子も完成度が高く、エーグルドゥースは総じて非常にレベルの高いパティスリーだと思います。ぜひ目白近辺に行かれた際は立ち寄ってみてくださいね。
ちなみにこの前お店に伺ったときには夏くらいからは月曜と火曜が定休日になると記されていましたので行かれる予定のある方はご注意を!