おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

キウイフルーツが本当に美味しい旬は冬?高い栄養価から注目されるフルーツを食す。

子供の頃、はじめて給食に出てきたキウイフルーツを見て感じた恐怖を僕は今でも覚えている。


f:id:bollet:20170202011341j:plain


「これ食べていいの?」

当時6歳児だった(と思われる)僕の幼心に、そんな感想を抱かせたのがキウイフルーツだ。


あれから僕にとってキウイフルーツはなんとも言えないフルーツだった。
味は嫌いじゃないし、キウイフルーツ嫌いの人がなりがちな口周りなどのかぶれが起きるわけでもない。


でも、どこか気色悪い見た目に嫌悪感を抱きつつ、
味も美味しいのか美味しくないのかよくわからないという想いでで給食のキウイフルーツを食べていたように思う。

キウイフルーツの美味しさを知った

あれはどこだったのか覚えてはいないけど、
僕がキウイフルーツを好きになったきっかけは明確だ。


それは国産のキウイフルーツに出会ったことである。


それまで国産の食材というものにさして興味もなかった自分が、
なぜか国産のキウイフルーツを食べた時に感動したのを覚えている。


以来、
僕はキウイフルーツが好きになった。


毎年国産のキウイフルーツの時期になるとスーパーなどで購入し、
食べごろになるまで棚の上で熟成させるのだ。


食べごろになるまで、
下手をすると一週間以上かかることもあるのだけれど、
そんな待ち時間もまた愛おしい・・・。

なにはともあれ国産キウイはうまい!

というわけで、くどい前置きはこれくらいにして今回は国産キウイフルーツ特集です。


f:id:bollet:20170202011425j:plain


キウイフルーツって夏のイメージありませんか?
でも国産がとれる時期は12月頃から4月頃。
想像とは違い、国内では冬にとれるフルーツなんです。



実際キウイフルーツは耐寒性があり、ある程度寒い場所でも栽培可能な温帯から亜熱帯果実。
日本では主に愛媛県で栽培。そのほか、福岡や和歌山でも積極的に栽培されています。




これがね、うまいんですよ。
国産のキウイフルーツを食べてからは海外産を食べようと思わなくなりました。


正直単体の味だけならニュージーランド産と劇的な差はないです。
(ちなみにたまに出回る韓国産は果物屋さんいわく"スカスカ"らしい。食べたことないですけど)


でも、海外産のは日本の市場に出回るまでに傷ついたりしてるのも多くてうまく熟さなかったり、
小粒のものばっかりだったりする
んですよね。



それに比べて国産は粒も大きめのものが多いし、痛みも少ないからどれ買っても美味しいんです。これ重要。
そして値段もさほど高くない。これも重要。

キウイフルーツ栄養価も豊富!

キウイフルーツなんてそもそも食べる必要ない!って考えの人のために、
キウイフルーツが非常に栄養豊富なフルーツであることもお伝えしておきましょう。


具体的にどんな栄養価が豊富かというと・・・

ビタミンC

風邪予防から美肌効果まで、幅広く人間の身体に役立つ栄養素。過熱に弱い。
ほぼキウイフルーツ一個で一日の必要摂取量を補える。


そのまま生食可能なキウイにこのビタミンCは最強。

カリウム

ナトリウム排出機能のあるナトリウムも豊富に含有。
塩分過剰摂取気味の現代人にとってカリウムは必要不可欠。


果物の中でもカリウム含有率はトップクラス。

アクチニジン

キウイフルーツ固有のたんぱく質分解酵素
動物性たんぱくの消化が弱いと言われる日本人には嬉しい酵素


品種によって含有率にバラつきがある。



他にも葉酸食物繊維など、様々栄養素が詰まっている。
詳しい効能などはコチラを参考に。

www.zespri-jp.com


というワケで国産キウイフルーツを食べてみる

こちら近所の八百屋で購入した国産(愛媛産)キウイフルーツ一個100円ナリ。

f:id:bollet:20170202162829j:plain



キウイフルーツには皮やヘタの剥き方にコツがあるので動画で確認してくださいな。
自分的にはフルーツの中ではカット難易度中くらいかなと認識してます。

www.youtube.com



こんな感じでカットしてみました。


f:id:bollet:20170202162847j:plain



さて実食・・・。


うんウマイね。


少し追熟があまくて完熟一歩手間だから酸味も強いけど、これくらいがバランスとれてていいかな?
味の濃さはやはり納得の国産。


キウイフルーツはやはり国産に限る。


ついでなので追熟のコツも紹介

キウイフーツは追熟させないと美味しくないので、
食べごろじゃなければ自宅で追熟させます。


f:id:bollet:20170202162926j:plain
自宅で追熟中の国産キウイフルーツ。しばらくキウイ三昧で身体も健康に笑

風通しのいい常温で放置して早ければ2~3日、時間がかかると1~2週間くらいかな?


食べごろかどうかは軽く押してみて弾力があるかどうかで見極めるんだけど、
(食べごろじゃないやつは押しても全然へこまない)
この時のポイントはヘタに対して横向きじゃなくて縦向きにおすこと。


f:id:bollet:20170202162942j:plain
画像の赤矢印の方向に押してみる。


縦で押して弾力を感じれば中までしっかり追熟してて食べごろと判定できます。

エチレンガスで追熟を早める

早く追熟させたい場合はエチレンガスを放出するりんごとかとポリ袋に入れておくといいっていうのは割と知られています。
でも、このエチレンってりんごの品種によって放出量が違うってことまで知っている人は少ないのでは?


りんごでも 王林ジョナゴールドはエチレンが多く、「ふじ」「シナノゴールド」は少ないんですよね。
つまり追熟させたいなら「王林」や「ジョナゴールド」と置いておくのが理想。


みんなもぜ国産キウイフルーツを食べてみてください!

キウイフルーツ (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 )

キウイフルーツ (NHK趣味の園芸 よくわかる栽培12か月 )


というわけで国産キウイフルーツがうまいという話でした。
ちなみに国産キウイフルーツといっても緑のものからゴールド、さらには赤いものまで存在するんです。



この赤いのがまたうまいんですよ。
これについては今度手に入ったら別途で記事にして紹介します。



今国内はニッチな農業ブームが来てると言われています。
こういう美味し作物を生み出す農家さんがたくさん増えてくれたらいいなぁ。



多少高くても本当に美味しければ買いたくなりますよねー。