おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

南国フルーツ・パッションフルーツの魅力!食べ方や味は?そもそもおいしいの?

いよいよ夏本番。うだるような猛暑が連日続く中、熱中症対策にオススメなのがフルーツ。
水分も豊富でミネラル分も多く、エネルギー源にもなりやすいということでこの季節非常に重宝しますよね。



夏のフルーツと言えば、桃、メロン、スイカ、プラム、パイナップル、マンゴー・・・気の利いた青果店であれば、そろそろ葡萄も豊富に市場に並び始めるころです。



さて、そんな王道のサマーフルーツたちの中では少し知名度的にも馴染の深さでも劣るのが今回の主役・パッションフルーツ


f:id:bollet:20170721182928j:plain


その香りの華やかさはサマーフルーツの中でも一級品なれど、その得体の分からなさから敬遠されがち。一般的なスーパーなどでは一年通しても見かけることが出来ないことも少なくないフルーツです。


個人的にはサマーフルーツの中でも桃に次いでお気に入りのパッションフルーツだけにもっと多くの人にその魅力を感じて頂きたい!ということで今回はそもそもどんなフルーツなのか、食べ方は?といったパッションフルーツの基礎知識をおさらいすると同時に、その魅力に迫っていきましょう。

パッションフルーツのパッションは"情熱"じゃないんですよ奥さん

最近のライトノベルのタイトルにありそうな見出しになってしまいましたが・・・。
まずはそもそもパッションフルーツってどんなフルーツなのか、ということをざっと見ていきましょう。

パッションフルーツとは?

f:id:bollet:20170722055219j:plain
パッションフルーツは和名では「果物時計草」とも呼ばれるトケイソウ科の果物です。果実は円い、または楕円形の紅色です。半分に切ると中に黄色に果汁・果肉と黒い種が入っていますが、量は少なめ。この種は食べることが出来るのが特徴で、噛むとポリポリとした食感を楽しめますが、味は無いので苦手な人は取り除くこともあります。


味は酸味が強く甘みはあまりありません。追熟させると酸味が抜けて甘みが感じやすくなりますが、それでも他のトロピカルフルーツなどと比べると"かなり酸っぱいフルーツ"だと言えるでしょう。食べる部分も少ない上に酸味が強いのも好んで食べられない理由かもしれません


しかしパッションフルーツ最大の魅力はその芳醇な香り。全フルーツを通してもここまで香り高いフルーツはそうそうないのではないでしょうか?独特の華やかかつ爽やかな香味はシロップに加工したり、炭酸飲料で割ったり、製菓に使ったり、お酒とあわせることで真価を発揮すると言えるかもしれません。

パッションフルーツのパッションはキリスト教に関係していた?

パッションフルーツの話をするとまず話題になるのがその名前。パッション=情熱ということは中学生くらいでも知っていることかもしれませんが、この場合のパッションは"情熱"ではなく"受難"を表しています。

f:id:bollet:20170722054638j:plain


というのもパッションフルーツの木になる花が「イエスキリストが十字架に架けられているまさにその瞬間を映し出しているように見える」から・・・という理由から中世の頃から"受難"という意味でこの植物を"パッションフラワー"と呼んだのがきっかけだったとか・・・。

f:id:bollet:20170722054801j:plain
キリストの受難を彷彿とさせるパッションフルーツの花


詳しい歴史はその道の方に任せするとして、いずれにせよパッションフルーツのパッションは"情熱"ではなく"受難"という意味合いであることは知っておいて損のない豆知識だと思いますよ。

ビタミンが豊富なパッションフルーツ

気になるパッションルーツの栄養価ですが、βカロテン、ビタミンB6、ビタミンC、葉酸あたりが豊富です。フルーツの中ではとりたてて栄養価に優れたフルーツではないのですが、お菓子やアイスを食べるよりははるかに健康的であるということは間違いありません。



パッションフルーツを食べてみよう!

ここまでパッションフルーツとは何ぞや?ということをザックリと説明して参りました。
ここからはパッションフルーツを実際に手に取って食べるまでの方法を説明していきます。

まずはなにより追熟

ハイ、出ました追熟です。笑
当ブログで果物についての記事をご覧になったことのある方はすでにご承知の通りだと思いますが、本当に美味しいフルーツを食べたければ追熟を正しく行うことが大切です。

bollet.hatenablog.com

bollet.hatenablog.com



もちろん中には追熟しないフルーツもありますが、パッションフルーツは追熟するフルーツです。
しかし追熟させるフルーツの中では比較的難易度の低いフルーツなので、ここは臆することなくチャレンジしてみましょう。

f:id:bollet:20170721190630j:plain

まずはこちらの画像を見てください。
左が追熟させたパッションフルーツ右が追熟が済んでいないパッションフルーツです。



パッションフルーツ鮮度の良い状態では表面にツヤがありますが、時間が経つと徐々に水分が抜けシワがよってきます
シワがしっかりよってくると香りもフワッと部屋中に広がるようになりますので、その辺りが食べごろです。



パッションフルーツ放置しても腐るようなことも少なく、温度の管理もあまり必要ありません。その点においては部屋で放っておけばそのうち食べごろになるので追熟はやりやすいフルーツです。



ちなみに左側はおよそ2~3週間置いてあります。買ったパッションフルーツが店頭でどれくらい放置されていたのかにもよるので一概に言えませんが、鮮度が良いものだと2~3週間は追熟を必要としますので根気強く育ててみましょう。

あとは冷やして切るだけ

追熟の澄んだパッションフルーツは冷蔵庫の野菜室などで保存します。熟成というのは腐敗と紙一重で、完熟状態ということはあと一歩いけば腐ってしまうということでもあります。


追熟するまで時間がかかったからといって熟してから放置するのはナンセンス。追熟がすんだらすぐに食べるか野菜室などでデリケートに保存します。


f:id:bollet:20170721191154j:plain


あとは写真のように横に真っ二つに切ります。


f:id:bollet:20170721191235j:plain

こんな感じでお皿にのせればレストランのデザートのよう。コレ、ただ切って乗せただけですよ奥さん。

f:id:bollet:20170721191327j:plain

あとはスプーンですくって食べるだけ。先にも述べましたが種ごとイケます。
完熟してても酸味は強めのフルーツなので、甘味が欲しい方は砂糖やシロップを加えるとよりデザートっぽくなります


他にもオレンジジュースを少し入れて混ぜると美味しいです。パッションフルーツとオレンジは個人的にはかなり完成されたマリアージュだと思います。



デザート代わりに食べるのもよし、おやつ代わりに食べるのもよし、白ワインやシャンパン、個人的には日本酒なんかのちょっとした箸休めにもサイコーだと思ってます。



なかなか手に取る機会は少ないかもしれませんが、夏に一度はパッションフルーツを食べる機会を設けてみるのも良いのではないでしょうか?

パッションフルーツの関連商品

最後にパッションフルーツを利用した加工品や通販で買えるパッションフルーツを載せておきます。興味が出た方はぜひパッションフルーツを色々と楽しんでみてください。

種子島奄美大島で盛んに栽培されているパッションフルーツ
ちなみに今回の記事用に用意したパッションフルーツは鹿児島産でした。

MONIN(モナン) パッションフルーツシロップ 250ml

MONIN(モナン) パッションフルーツシロップ 250ml

バーとかによく置いてあるモナンシロップのパッションフルーツバージョン。
自家製で生果汁からシロップ作るのは手間もコストもかかりますから、ちょっと試してみたいなら市販品もありかも?

苗とかも売ってます。
南国気分を味わいたいなら栽培するのもアリ?

ジャムは美味しそう。これは普通に筆者も欲しい。

パッソア 700ml

パッソア 700ml

パッションフルーツリキュールの代表格・パッソア。ジュースとかソーダで割ると美味しいですよね。


パッションフルーツを愉しもう!

パッションフルーツってそのまま食べるとなると馴染も薄いですが、汎用性は意外と高いんですよね。
でもせっかくなので生パッションフルーツの魅力も楽しんでもらいたいところ。ぜひ売り場で見かけたら購入して食べてみてください。


他にも、この時期はお菓子屋さんなどでもパッションフルーツを使った商品が並んでいることも多いので、ぜひ意識して見てみてくださいね。
今年の夏はパッションフルーツの爽やかな味わいと芳醇な香りで乗り切りましょう!