読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

ピエールエルメがオハヨー乳業とコラボしたヨーグルトがとてもうまいので食べてほしい。

みなさんはピエールエルメというパティシエご存知だろうか?


パティスリー(お菓子屋さん)界のピカソなどという大それた異名を持つパティシエ・ピエールエルメ
斬新なアイディアから生み出される彼のスイーツに魅了されたファンは多い。


今やお菓子好きの間ではピエールエルメを知らないと言えば、
ロックファンなのにビートルズを知らないといっているくらいに常識のない発言になってしまう。


僕はロックもそれにおけるビートルズの位置づけも知らないが、
たぶんエルメはお菓子業界ではそんな感じの存在なのだ


そんなピエールエルメが日本の企業とタッグを組んで発売した商品をご紹介したい。

ピエールエルメとは?

その前にさらっとピエールエルメについて。
ピエールエルメはフランスの菓子職人。


自らの名を冠した「PIERRE HERMÉ PARIS」というショップを世界中で展開し、日本にも10店舗以上が存在しています。
この手の自分名を冠したお菓子ブランドとかはすごく紛らわしいところなんですけど、
当然のことながらこの規模のブランドにおいてピエールエルメ自身が全てのお菓子を作れるわけはない



つまりピエールエルメという人が社長の「PIERRE HERMÉ PARIS」というブランドという風に分けて考えた方がいいと思う。




ずいぶん前に日本の有名パティシエである杉野英実さんがテレビ番組に出た時、
自分の名のつくお菓子が自分の手から離れたら嫌だと言う信念から、
幾多の誘いを断り、京橋の小さなショップで自分が関われる範囲でのみ商売をしているという話があったが、
これは多分すごく少数派の職人的な発想なんだろうなと思う。


杉野英実のデザートブック

杉野英実のデザートブック




誰だって自分のつくる商品をブランド化して拡大して販売できるならそうしたいよね。
まぁ、僕はそんな杉野さん的な発想も大好きですけどね。イデミスギノのケーキは本当に美味しいし。


そんなこんなで、
ピエールエルメさんは端的に言ったら菓子業界でとても成功した人
実力はもちろん、商売っ気や運、人脈とかそんな部分でのセンスもあったから世界的に有名になった凄腕のお菓子職人・お菓子プロデューサーみたいな人と思ってください。


ちなみに僕はピエールエルメも大好きです。
銀座の松屋に行ったら絶対よりますからね。味見だけして帰ることもあるけど。


もっと詳しい情報は公式サイトを参照してほしい。

www.pierreherme.co.jp

ピエールエルメオハヨー乳業とコラボしたヨーグルトがうまい

さて本題に移りましょう。


ピエールエルメオハヨー乳業とコラボして販売しているヨーグルト。
2013年に発売されたのを皮切りに不定期に様々な味わいのものが発売されています。
僕は今まで存在を知らなくて、知ったのは去年の秋くらいかな?たまたま近場のスーパーで売っててナニコレ?みたいな。


f:id:bollet:20170202192701j:plain


今絶賛発売中の「Constellation(コンステラシヨン)」
イチゴとオレンジとカルダモンのハーモニーをヨーグルトで表現すると言うなんとも本格っぽい謳い文句。



f:id:bollet:20170202192930j:plain

開けてみる。



f:id:bollet:20170202192950j:plain

よくみると泡泡してる。気泡がしっかり含まれているふんわり系ヨーグルト。



f:id:bollet:20170202193027j:plain
スプーンですくうとたぷっとしたとろみを感じる。



実際口にしてみると、
口の中でかすかにシュワッと感じるようなやわらかい風合いで、
たっぷり含まれた気泡がはじけることでオレンジやイチゴ、かすかにカルダモンのスパイス感が豊かに広がります。



なにコレ、メチャクチャうまい。



というのが初めて食べた時の印象。
ひとつ150円程度と近年のコンビニとかのスイーツ戦争を考えれば全然高くない。むしろ安い。
この価格帯でこの味ならアリでしょう。


実際、近くのスーパーでも扱われ始めは大量に余ってたのに(はじめて買った時は値引きされてましたからね)、
最近はずーと品切れ。入っても瞬殺という日々が続き、
今日ひさびさに購入できたと言うありさま。それくらいにはうまい。


季節限定で現在は2種類が発売中。
ヴァニーユ食べたことないなー、近所のスーパーでも仕入れてくれないかしら。

おいしけゃなんでもいい!の真骨頂

ピエールエルメはショップに行けばチョコレート一粒500円くらいする高級パティスリーブランドです。
だからこそ「こんな風に庶民向けの商品を販売するなんて落ちたもんだなエルメ」って思う人も根強いファンには少なくないかも。


でもそもそもピエールエルメ本人がどれくらいこのヨーグルトに関して関わっているのかは分からないし、
もしかしたら認識すらしてない可能性もある


というのも調べてみるとこの商品はピエールエルメの商品ライセンスを得ている会社とオハヨー乳業とのコラボ商品のようで、
「PIERRE HERMÉ PARIS」や「ピエールエルメ」本人とのコラボとはまた違う模様。

www.ph-license.jp
ピエールエルメのライセンスを持っている会社、マスターマインドの公式HP


確かに見方を変えればピエールエルメという職人は自らの作品を売買して好き勝手にやらせている」という見方も出来るけど、
そんなのは「インディーズから応援してたバンドがメジャーデビューしてタイアップとか色々やりだして嫌いになった中学生」と同じ感性という話。



「PIERRE HERMÉ PARIS」のお菓子は相変わらず美味しいし、今回紹介したヨーグルトは手ごろでうまいし。それでいいんじゃないかな。
安くて美味しいものを作る分添加物とかはバリバリ入ってるのでその辺は許せない人は許せないと思いますけど。ピエールエルメ本来の味とは違うものですからね。



でも僕は思うんです。
これぞまさに「おいしけりゃなんでもいい!」のひとつの形かと。


気持ちもわかるんですよ。これを許せない人の。
自分が職人になるなら確かに杉野英実氏のように、自分の手でやれる範囲のモノづくりをしたいなと夢は見ますね。




というワケでピエールエルメのヨーグルトはこの価格帯では非常に納得できる美味しさだと思います。
ピエールエルメを知らない人、美味しいヨーグルト・スイーツを食べたい人にオススメしたいですね。
皆さんはこのヨーグルトにどんな感想を抱くのでしょうか?