おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

ベルトの穴の開け方知ってますか?100均アイテムで簡単に穴あけ!

閑話休題


日頃食べ物飲み物について思いついたことを書き殴る当ブログですが、
本日は筆者が個人的にした初体験について書きたいとおもいます。



それはズバリ、ベルトの穴開けです。
もうすでにやったことのある方からすれば「わざわざ記事にするようなことではない」くらい簡単なことですが、
意外と今までやったことのない人にとってはわからなかったりするものです。



そもそも標準体形の方はベルトに穴を開けるという行為自体一生縁のないものかもしれませんが、
どこかのタイミングで必要になった時のために覚えておいて損はないでしょう。

ベルトは100均のアイテムで穴開け可能

まず用意するものです。

ベルト

ベルトの穴を開けるわけですから当然必要です。

穴開けポンチ

f:id:bollet:20170730192210j:plain
こんな感じのアイテムです。
見たとおりダイソーに売ってます。

調べてみるとハンマー不要なものなども売ってますね。
ベルトの穴開け以外ではレザークラフトなどでも使用されます。

ハンマー

穴開けポンチとセットで必要です。

f:id:bollet:20170730195348j:plain

100均に売ってるモノで十分でしょう。

なにか固い作業台

ポンチは結構強力なのでベルトの下に固めの作業台があると良いでしょう。
そうでないと下の材を傷つけてしまうおそれがあります。


筆者は今回床でダンボールをしいて行いましたが、床にダメージがいかないかヒヤヒヤしました。
出来れば木材を敷くか、ダンボールを使うのであれば外でやった方が無難かもしれません。

さっそくベルトに穴を開けてみよう

それでは実際にベルトに穴を開けてみましょう。


f:id:bollet:20170730195332j:plain

まずはベルトの穴の開けたいところにポンチの先を固定します。
なお、ポンチのサイズにはいくつかあるため、事前に穴を開けたいベルトのベルト穴の大きさを測ってからポンチを買いましょう。
元の穴より大きくなるのはまだしも、小さいと穴に金具が通らない可能性があります。

f:id:bollet:20170730195528j:plain

穴の位置を決めたら上からハンマーでたたきます。ベルトの材にもよりますが結構強く叩きます。
少し厚めのベルトなら上の画像の様にポンチが直立します。

f:id:bollet:20170730195629j:plain

裏から見た図。
ポンチが貫通していればOKです。


ちなみにこの画像でポンチの先が白くなってるのは、下に敷いたダンボールについていた運送会社の伝票を貫いたためです。
要はこの白い部分に貫通させた材質が詰まるようにしてくり抜かれるというワケです。

f:id:bollet:20170730195834j:plain

あとはポンチを引きぬけばベルトに穴が開いています。

f:id:bollet:20170730195911j:plain

あまりに簡単に穴が開くのでこのあと色々なベルトの穴やしまいにはダンボールに穴開けて遊びました。
それにしてもくり抜いた部分はずっとポンチに吸い込まれていく一方なんですがどこへ消えているんでしょうか・・・。


というわけでベルトの穴はこんな風にして増設することが出来ます。
世の中には大きくなりすぎてしまった方も、そして意外にも小さくなりすぎてベルト穴に悩んでいる方も少なくないと思います。
そんな時はベルトの穴開けに挑戦してましょう。

ベルトの穴開けはとても簡単だった!

ベルトの穴開けはとても簡単です。
筆者は今までベルトに穴を開けよう開けようと思いつつ、なんかめんどうだなと思ってずっと放置していました。
その理由の一つは具体的にどういう手順で穴を開けるのか知らなかったからです。


しかしいざ調べて道具を買ってやってみると、5分もかからずに穴を開けることが出来て不覚にも感動してしまいました。
ある意味穴を開けるだけだから当然なのですが、具体的な穴の開け方を知っていれば誰でもすぐにチャレンジできる行為だということを改めて実感したわけです。


いつどこでベルトの穴開け知識が役立つか分かりませんから、
皆さんもしっかりとベルトの穴開け法をマスターしていざという時に備えてみましょう。