読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

続・ いよいよ飲食店全面禁煙か?受動喫煙対策法案、例外はどうなる?

雑記

細かい調整に入りつつつある受動喫煙対策法案。
例外についての検討が進む中で、
世論の意見は大きく分かれているようだ。


ノンスモーカーである筆者だが、
個人的には受動喫煙に関してはそこまでの抵抗はなく
もちろん苦しんでいる人がいるのは事実なのだから線引きをしっかりするのは大切だと思うが、
なんでもかんでもアウト!としてしまうのはいささか寂しいなという気持ち。



そのため受動喫煙対策法案の動きにはついつい目が行ってしまう。

受動喫煙対策法案とは?

つまるところ飲食店など不特定多数の人が出入りする場所での喫煙を原則禁止、
ないしは喫煙スペースを設けることを義務づける法案



世界でも特に受動喫煙に対する対策があまいとされている日本だけに、
単に受動喫煙が良いか悪いかという意味合いを通り越して、
2020年のオリンピックに向けて世界的な印象を高めるための政策でもある。


bollet.hatenablog.com

受動喫煙法案、通ると何がこまる?

ノンスモーカーが大半を占めるこの時代。
新成人でもたばこに手を染める人はレアケースになっている中で、
そもそも受動喫煙対策法案が可決されることになぜこんなに調整が必要なのか疑問に思う方もいるかもしれない。


たぶん僕も飲食店によくいくタイプの人間でなければ気にも留めなかったであろう。


f:id:bollet:20170221180046j:plain


この法案に反対しているのは大概が飲食店関係者だ。


飲食店は一部地域を除けば現在たばこを規制するものはなく、
禁煙店や喫煙スペースを設けるお店が増えてはきたが、
喫煙できる空間としてお店を利用する人も多く、むしろ今後喫煙者の肩身が狭くなればなるほど、
飲食店というある意味喫煙を公的に許されたスペースの需要が高まると言うことさえ考えられていた。



そこにきてのこの法案。
個人店レベルのお店では改装費も出せないケースも多く
たばこを吸えないなら来ない、使う頻度が減るといったことに対する懸念が出てきているわけだ。


diamond.jp


しかし世界的には飲食店の禁煙が経済効果に悪影響を及ぼすと言う根拠はないとされており、
健康面まで考慮に入れれば飲食店での禁煙施策はプラスにしかならないという意見もある。



一方でこの考えはあくまで経済レベルで見た場合の考えでもある。
たとえばたばこをウリにしているシガーバー、商店街にあるような地域の人の寄合のようなお店、
個人経営のスナックや居酒屋で喫煙者が大半を占めているようなお店
に、
必ずしも影響がないとは言い切れないし、そのようなお店の場合は大手以上にダイレクトに経営へのダメージを与えかねない懸念もある。



また最近爆発的に増加しているアイコスのようなニュータイプのたばこをどのように扱うのかも難しい問題だ。

例外措置をとる方向へ

前回記事に書いた時点で、
小規模な飲食店は例外とするというような案が盛り込まれていたが、
今回これに加えてシガーバーのようなタバコをメイン商材とするお店に関しても例外とする方針になったようだ。


www.fnn-news.com

葉巻好きで知られる麻生副総理兼財務相の皮肉の利いた?一言で笑い(失笑?)がおきる国会のヒトコマもおもしろい。


果たしてどこからをシガーバーと定義するのか、特別な経営許可権のようなものを発生させるのかはまだ分からないが、
今後も動向が注目される受動喫煙対策法案である。

喫煙をめぐる動きに注目

喫煙という一文化に対して、


しかし間違いなく身体へ悪影響を与える文化に対して、


そして今までは社会ぐるみで容認・醸成してきたこの文化に対して、


僕らが選ぶべき妥協策はどこにあるのか、もしくは完全に抹消していく選択をするのか、
今後ますます喫煙に対する問題は注目される事柄となっていきそうな予感である。