読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

いよいよ飲食店全面禁煙か?受動喫煙対策法案、例外はどうなる?

みなさんはタバコ吸いますか?


f:id:bollet:20170208211346j:plain


ちなみに僕は吸いません。


父親がヘビーースモーカーで母親から冷たい目で見られていたのがトラウマで、
大人になった時も吸おうと思うことはなかったんですよね。
そんな父親もだいぶ喫煙量は減りましたけどね。


そんなワケで今日はタバコをめぐって今世間を賑わせる法案についてです。

受動喫煙対策法案

さてさて、
本日こんなニュースが流れました。

news.yahoo.co.jp

喫煙者、喫煙関係の販売・製造業、飲食店にとっては頭を抱えるニュース。


去年から本格的に議論されている受動喫煙対策法案。
2020年のオリンピックに向けて、
世界レベルで見ても意識の低い日本の喫煙対策に危機感を覚えた政府は、
ついに飲食店での全面禁煙を本格化する法案の成立に着手しました。


去年あたりまでは例外なくすべての飲食店が禁煙という形で進んできたように記憶していますが、
今日発表された情報では一部の例外を認める形にシフトしているようです。

例外措置はアリ?ナシ?

僕個人としては例外措置はアリかな、と考えています。


というのもすごく私情を挟んだ意見なんですけど、
個人的に小さな居酒屋やバーみたいなお店が好きで行くんですけど、
僕自身は吸わなくても、そういうお店にとってのタバコっていうのはとても大切なものであるというのを感じているから。


f:id:bollet:20170208211406j:plain


いわゆる葉巻を売るようなお店も何件か知ってますが、
そういうお店にとっては今回の法案は今後を左右する法案になるのでスタッフさんも気が気でないよう状態みたいです。


喫煙が文化っていう言い方をして肯定してまうと、
文化によって病気になる人が出てしまう可能性を放置するのかって話になっちゃうのでアレなんですけど、
そこはちゃんとお店の方でこの店はタバコありの店なのかナシの店なのか明記して、
入店する人に判断を委ねる形に出来れば強制的に禁止にする必要性は無い気もするんですよね。



あと、僕がこの法案になんか嫌だなーっていう感情を抱くのは、
これそのうちお酒とかもこうやって制限されていくんじゃねーの?っていう印象を受けるから


僕はたばこはやらないけどお酒は好きですからねー。そうなったら嫌だよね。


お酒の場合は関わっている資本や人の数も違うからそう簡単にはいかないだろうけど、
なんだか世の中どんどんつまんなくなってくなーって思っちゃうのは考え方が古いというか身勝手なんだろうかな。


話は少し変わりますが、
昨夜「怒り新党」というテレビ番組でお笑い芸人の有吉が「ロボットが人を裁くような世界がもうすぐ来る。そうすれば人はロボットには怯えるけど人におびえることは減るんじゃないの」みたいなこと言ってて、
少し前にやってた「サイコパス」ってアニメを思い出しました。もっと言えばジョーオーウェルの「1984」。


どちらも近未来の監視社会を描いた作品だけど、サイコパスでは酒やタバコは依存性が強いものとして敬遠される対象として、1984では政府が国民を手なづけるために提供する娯楽(作中では餌とも表現される)として扱われていてるのが面白いなと。


僕らの住む現実では今後これらの嗜好品はどうやってコントロールされていくんでしょうかね。

今後の動向に注目

この件に関してはまだまだ確定ではないので、
今後もいろいろと調整されていくことになるのでしょう。今はやりのアイコスとかどうするんでしょうね?




今のままだと10坪くらいの店までなら例外措置アリっていうことになるのかな?
でも10坪って相当狭いよね?席数でいったら10席前後?
例外に入るお店でも禁煙か喫煙かどちらかを能動的に選択する必要が出てくると、
今いるお客さんの何割かは失う可能性も出てくるわけですし、それはそれで難しい問題なのかも?


早ければ来年あたりから本格的に施行されるという話もあるみたいなので、
いましばらくは動向に注目したいですね。


いずれにしろ今それで生活している人のことも少しでいいから考えてあげてほしいかな。
誰が良い悪いじゃなくて、今まで許されてきたものを制限・禁止するっていう話ですからね。