読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

ゲキウマ!クセになるほどおいしい、オススメのインスタントラーメンをご紹介!

最近仕事が忙しくて仕事終わりに自炊する気力が起きません・・・。そんな時はせめて健康に気を遣って納豆丼とかを食べているんですが、こうい寒い日が続くと納豆かき混ぜて薬味を用意する手間すらもめんどくさい・・・。そもそも米炊くのすらめんどくさい・・・。負のループです。


そんな時に最近ハマってるのがインスタントラーメン。スーパーとかコンビニとかで売ってるアレです。


f:id:bollet:20170119002459j:plain


ここでいうインスタントラーメンは冷蔵ショーケースに並んでるやつです。最近は冷凍とか乾麺タイプとかカップ麺とかインスタント系のラーメンも展開が広すぎてややこしいんですが、個人的には冷蔵ショーケースのが一番おいしい気がします。


乾麺、カップ麺、冷凍タイプのはスープはおいておくとして、どうしても麺が気になるんですよね。特に冷凍モノはラーメンに限らず近年急激にレベルアップしてる気がしますが、やっぱい冷蔵麺を茹でて作るのには敵いません。


出来れば茹でる作業もしたくないんですけど、ここは少しでも美味しい方を・・・ということで今回はオススメのインスタント麺の紹介です。個人的には冷蔵麺の需要を増やして、メーカーの皆さんに研究費を注いでほしいです。



f:id:bollet:20170119002808j:plain



なお、お前が言ってるそれは「生ラーメンであってインタントではない!」っていう突込みに関しては今回はスルーします。多くの人がその辺の区別はしてない気がするので・・・。あしからず。でも生ラーメンって調べると意外とヒットするんですよね。実は常識だったりするのだろうか・・・。


さっぽろ純連 味噌味


いきなり来ました、有名店モノです。「さっぽろ純連」は札幌ラーメンブームの火付け役として「すみれ」と並び称される名店です。それまでのあっさり健康的な札幌味噌ラーメンの流れを打ち破り、濃厚な味噌味にラードを浮かせて膜を作ると言うアツアツこってりなスープが人気を博し、現在に至るまでその名を轟かせています。


最近スーパーでも良く見る有名店シリーズですが、これはとてもレベルが高いです。インスタント麺って、特にこの手の冷蔵の冷蔵生ラーメンタイプはやたら味が薄い印象でお湯を指定より少なくして作ったりしてたのですが、これは指定通りの分量で十分旨いです。ホンモノと比べれば濃度は低いでしょうが、自宅で数分で作るインスタントとしては素晴らしい出来です。


販売元の菊水は北海道で製麺事業をしていた会社らしく、麺の方もインスタントとして考えれば十分なクオリティです。


移り変わりの激しいこの手のインスタント麺ですが、これは売れ残ってほしいなー。飲み会の後とかに〆ラーメンしなくて済みますよこれなら。酔っぱらった舌が欲する味としては十分です。作る手間さえ考えなければですが・・・。

銀座 篝 鶏白湯soba

日清食品さんが展開する一度は食べてみたかった日本の名店シリーズ。




こちらは2013年、ラーメン激戦区の銀座にオープンし瞬く間に行列店となったの鶏白湯を再現。醤油、味噌、塩と言った基本的な味わいの枠を越えたラーメンが人気を博す中で、インスタントラーメンでもさまざまな味わいのものが再現され始めました。



買う前は正直地雷臭がするなーという感じだったのですが、篝のラーメンは結構好きなので試してみることに。結果は大当たり。個人的には大満足の仕上がりです。


もちろん篝のお店の味を求めてしまえば、それはホンモノとは違うと言わざる終えませんが、家庭で気軽に作れるインスタント麺として考えれば十分なクオリティ。旨いです。冷蔵生ラーメンにしては珍しい(?)粉末と液体スープのW使いでトロっと濃厚ながら旨味のある鶏白湯スープを再現しています。


中太のもっちり麺もスープとの相性がよく、しっかりからみついてくれます。良い感じ。篝は女性ウケもいいことで有名なラーメン店ですが、こちらの商品も女性に十分おすすめできる仕上がり。ホウレンソウなんかを茹でて乗せてあげれば見た目もGOODですね。

ぜんや

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

埼玉・ぜんや 埼玉ラーメン ぜんや 2食入 ★冷蔵★
価格:410円(税込、送料別) (2017/1/19時点)

埼玉県新座市にある塩ラーメンのぜんや。豚骨や丸鶏などをじっくりと煮込みながらダシをとり、塩味をベースにダシの味がしっかり効いたまるみのあるスープを生み出している。


こちらは銘店シリーズで生ラーメンが発売されている。実店舗のラーメンは食べたことはないですが、生ラーメンでもしっかり感じられるコクから察するにかなりダシの利いた味わいなのだろうと思います。


塩ラーメンとしてはかなり味の奥行きがある印象です。指定通り270ccでスープを作ると気持ち濃いめに仕上がる。塩ラーメンのあっさり感を求めるなら少しかさまししてもいいかもしれないですね。


でも総合的な味はGOODです。ゆでたホウレンソウとかタマゴとか乗せれば、濃口のスープもちょうどいい。塩ラーメンってあさりしすぎてる印象であんまり好きじゃなかったんですけど、これは美味しいですね。実店舗のものも食べてみたくなる。


麺も中太麺にこだわり、食感も悪くないです。スープとの相性もバツグン。素晴らしい仕上がりといえますね。




気に入った方はまとめ買いも出来るみたいです。ハマるとこういうまとめ買いがお得に感じますよね。


おいしくインスタント生ラーメンを作るポイント

f:id:bollet:20170119002638j:plain



最後にひとつ。


この手のラーメンを食べる人は楽して早く食べたい方も多いので手を抜きがちですが、麺を茹でるお湯は沸くのに時間がかかってもお鍋にたっぷりめにはりましょう



少なすぎると麺の粉成分がお湯に溶けだして濃度が高まり、茹であがった麺がベトベトします。当然しっかりお湯を切ってもちょっとベタつきが残ってしまうので、スープに移しても違和感が出てしまうんですよね。


小さいころ両親が作ってくれるインスタントラーメンはベたつきがあって、どうしても好きになれなかったんです。もちろんインスタントラーメン自体が進化しているのもあると思うんですが、今思うと家族分まとめて作るからそれに対してお湯が少なかったのかも。実際のお店ですら一度に鍋に入れる麺はコントロールしてるわけですからね。アレは温度の問題もありますが・・・。


これはけっこう味わいを左右してしまうので、ぜひ気を付けたいポイントです。

日々進化するインタスントラーメン

今回はいわゆる生ラーメンに特化して紹介してきましたが、インスタンラーメン全体が日々進化している印象ですよね。

f:id:bollet:20170119165342j:plain

コンビニの100円くらいで買える冷凍ラーメンもうまいですもんね。アレは結構衝撃。コンビニの冷凍メシはラーメンに限らず進化し過ぎててビビります。またそのうち特集できたらいいですね。個人的には冷凍モノはローソンがダントツで強い印象なんですけどね。


あんまりインスタントラーメンばかり食べるのもいかがなもんかと思いますが、忙しいとや手を抜きたいときには心強い味方。たまにハズレもありますけど、まずはここに乗せた奴から挑戦してみてください。