おいしけりゃなんでもいい!

身近にある美味しいものを探したい。おいしけりゃ、なんでもいいんだけれど。

【レンジや湯煎はいけるのか?】ジップロックのバッグシリーズが非常に便利だという話。

ジップロックってとても便利ですよね。本当に画期的な発明だと思います。保存性がバツグンによくなる。



プロの飲食店の方でもジップロックは多用しています。
昔居酒屋とかダイニングバーで働いていた時もジップロックはガシガシ使っていました。
むしろ無いと仕事にならないです。


ジップロックってただのタッパーでしょって思うかもしれないですが、用途別に細かく作り分けて販売しているシップロックは本当に料理する人の気持ちを分かってると思います。


個人的には特に多用するのはフリーザーバッグ。飲食店でバイトするまで存在知らなかったんですが、一度使い方を覚えたらコレ無しでは生きられないですよ。ホントに。
これ以外にもジップロックのバッグシリーズは使い方知ってると非常に重宝します。


今回はそんな使い方無限大でめちゃくちゃ便利なバッグシリーズの特集です。
ジップロックってなに?バッグシリーズってなに?っていう方にこそ見てほしい。そしてこの道具の素晴らしさを知ってほしいです。

ジップロックとは?

ジップロックSCジョンソンが製造し、日本では旭化成が販売している食品保存用アイテムのブランドネームです。
今でこそ類似商品がそこらじゅうに溢れていますが、出始めの頃は食材保存アイテムとして業界では確固たる地位を築いてきました。


今も類似商品こそあれど、やはり知名度の高いジップロック一強なんじゃないかなと思います。
コンテナ式は他のメーカーも個性だしたりデザインで勝負してるけど、
この手のバッグタイプは個性も出しづらいですしね。


具体的には・・・



ジップロック コンテナー 角型 小4個入

ジップロック コンテナー 角型 小4個入


これはコンテナタイプですね。
このタイプは自分も料理する前から知っていたので、わりとお馴染みかも?



こんなカラフルなのも販売されているんですね。
これは今はじめて知りました。
用途別に使い分けられるのは料理よくする人的には地味にうれしい。
この色は油っぽいモノ用、この色は野菜用とかで区別出来ますからね。


それから今回ご紹介するバックタイプ。
とても便利です。使い方を覚えれば応用がすごく利くんですよ。コレが。

注目したいジップロックのバッグシリーズ

ジップロックのバッグシリーズは要はジッパー付の保存袋です。
このシリーズは用途別に大きく分けて5種類展開しています。

フリーザーバッグ

筆者が圧倒的に愛用しているアイテム。
慣れてくればこれひとつで十分な気が・・・。この辺が横着なのかもしれませんが。


冷凍保存からレンジの解凍モードまでをこのバッグ内で完結させられます。
液漏れ防止で2種類のジッパーを使用し、
液体の保存にも適しています。

スタンディングバッグ

フリーザーバッグのマチを大きくとったバージョンという認識。
液体やかさばる食材を入れやすい。

ただこれで冷凍庫にいれると微妙な感じなので冷凍できるメリットはあまり感じないんですよね。
液体系のものを移し替えるのはだいぶラクなので、その辺で使い分ける感じですかね。



ストックバッグ

冷凍できないフリーザーバッグ。
これの存在意義を正直あまり把握していないです。フリーザーバッグが全て役割を持ってしまってるからなぁ。

なんか特殊な性能があるのかと思ってたけど、
調べる限りでは耐熱性能が低いだけの劣化フリーザーバッグなんですよねー。

値段もほとんど変わらないですし。

お手軽バッグ

その名の通りミニサイズ。ストックバッグのssサイズ的な感じですね。
あとジッパー部分がダブルじゃないという違いがあります。


イージージッパー


フリーザーバッグやストックバッグのチャックはパチパチ式(メーカーいわくウルトラジッパーというらしい)になっていて、
これって空気を完全にいてしっかり密閉するのが意外と難しくて、微妙にスキマが空いてたりするんですよね。

イージージッパーはスライドチャックなのでその辺はラクチン。メーカーいわくお子さんでも使いやすいとのこと。


頻繁に出し入れするものとか、日用品の整理にも便利。こちらはストックバッグ・フリーザーバッグとの差別化もOK。
冷凍(というか解凍)しない前提なら個人的にはこちらの方が使いやすい気もする。

ダブルジッパーじゃないから気密性は薄いのかも。

バッグシリーズの使い方

使い方が分かってくると非常に楽しいバッグシリーズ。



中に食材を入れて・・・・



空気を抜く。



そしてジッパーをぱちりぱちりとスキマが出来ないように閉める。

あとは冷凍庫やら冷蔵庫に放り込むだけ。



bollet.hatenablog.com


なお、一度使ったバッグ型ジップロックは手入れによっては再利用も可能。食品以外の収納としても使えるのでぜひ使いこなしてみましょう。

実際に活用してみる・・・

f:id:bollet:20170122155039j:plain


こんな風に余ってしまって持て余した生クリームを冷凍してみたり。



f:id:bollet:20170122155058j:plain



余ったイチゴをカットして冷凍。
牛乳入れてミキサーにかけてスムージーに。ヘルシー。


f:id:bollet:20170122155505j:plain


以前書いた記事で紹介したデコポン
これで乾燥しないように保存すると通常より長持ち。
ポイントはチャックの端を開けた状態でしっかり中の空気を抜いて、
真空パックみたいに食材以外の空気・スキマを極力抜いてから密閉する事。


柑橘なんかはもとから長持ちしますけど、フルーツや野菜はこれにいれると保存可能期間が全然違います。


チョコとか生菓子とか酸化に弱い食材は全部バッグに入れて密閉して保存。
乾燥に弱いものもコレにいれて除湿剤的な物入れて保存。

慣れてくるとなんでもコレにいれて保存します。


もっとおいしく、ながーく安心 食品の保存テク

もっとおいしく、ながーく安心 食品の保存テク

さらに専門的な保存術を学びたい方にはこちらの書籍もおすすめ。保存法を正しく覚えれば料理の幅はぐっとあがります。

レンジや湯煎には注意

便利なフリーザーバッグてすがレンジや湯煎には注意。


フリーザーバッグはポリエチレンで出来ているのですが、基本的にはレンジの機能の中でも"解凍"モードくらいのゆるやかな加熱・解凍にしか耐えられません


普通にレンジにかけると溶けます。中の液体が垂れだしてレンジが汚れる可能性もあるので、基本はフリーザーバッグで解凍オンリー、それ以外は中身を耐熱皿にうつして加熱しましょう。


また、バッグごとレンジにいれる場合は密閉をとくために口を開けてからにしないと爆発します。


湯煎も直火にかけずお湯にひたす形でのみ可能
耐熱温度は100度前後。油ものなどはより溶けやすくなります。

ぜひ活用してみてください・・・

以上、便利なジップロックのバッグシリーズのおすすめでした。
こういうのうまく使えると料理スキルもワンランクアップした気がしますよね。
ぜひ活用してみてください。


クレハ キチントさん マチ付きフリーザーバッグ M54枚

クレハ キチントさん マチ付きフリーザーバッグ M54枚

キッチンパック・とくとく 180枚

キッチンパック・とくとく 180枚

ブランドにこだわらない方は上記ブランドもおすすめ。ポイントはジップロックシリーズはあまり大量に入っているものがないのに対し、上記の商品は60~180枚いりと、日常的に使い捨てていく人にはこちらのほうがオススメです。


便利なアイテムですが材質などが気になる方はこちらでより知識を深めておきましょう。
bollet.hatenablog.com


同じ保存アイテムであるラップの材質もついでに。道具の知識を深めるのは安全面でもクオリティ面でも重要ですね。
bollet.hatenablog.com


参考記事
日常の料理をより効率化させる道具の紹介記事です。


bollet.hatenablog.com

毎日のめんどうな米砥ぎから「和える」「水にさらす」「湯きり」「水切り」までを幅広くこなす便利なボウルは料理の効率はぐっとアップさせるハズ。注目です。